つくばスローマーケット

つくば市で2008年より開催しているアート&クラフトマーケット。 スローでかっこいい(=独自の哲学やこだわりをもっている)クリエーターとその手作りの作品をご紹介するとともに、地域環境を考えた様々な取り組みを行っています。 実際に見ていただくことで、地球のこと、こどもたちのこと、将来のこと、ライフスタイルを見直すきっかけにつながればうれしいです。

みんな笑顔♡  

小さな子どもから大人まで、誰もがつい笑顔になってしまう、そんな素敵なブース発見!
モヘヤ生地やアルパカなどの生地を使ってテディベアの制作販売をしている「Be With Lily's Bear(ビー ウィズ リリーズ ベアー )」さんです♪

1_20131107173301aff.jpg

私が訪れた時も、可愛い兄弟がとっても愛らしいテディベアに釘付けになっていましたよ。
そんな子ども達に笑顔でテディベアの説明をする作家さん♪
子ども達とのやりとりが本当に優しく思いやりに満ちていたので、その様子を見ている私まで幸せな気分になってしまいました。

2_201311071733037d5.jpg

こちらのテディベアは全て手作りの一点もの。
それぞれよく見ると表情や毛の色、長さが違っていてどれひとつ同じものがありません。
自分なりのお気に入りが探せるのが嬉しいですよね!

3_201311071733048fd.jpg

また、日本ではテディベアなど、ぬいぐるみというと一般的にはこどものおもちゃというイメージがありますが、本場欧米では、子どものものというよりは、親から子どもへ代々受け継ぐものとして、大切にされているそう。
確かに、以前ヨーロッパに旅行に行った時、古くなったテディベアが大切に飾られているのを見て、素敵だな〜と思った記憶があります。
壊れたら修繕しながら、愛情を持って使い続ける、古いものを大切にする文化、見習いたいな〜と思っています。

4_2013110717330623b.jpg

また、作家さんから「このテディベア、持ってみて下さい」と言われたので、手に取ってみると、ずっしり重いことに驚きました!
その重さは、まさに命を感じる重さでした。
こうして、重さをつけることで、命を感じ、物を大切にする心を養って欲しいとの願いが込められているそう。

7_20131107173326af6.jpg

その他にも、とても小さなテディベアや猫、さらには小鳥まで、様々なバリエションのぬいぐるみが並んでいました!
どれも表情が愛らしくて、見ているだけでつい笑顔になってしまうものばかり。

5_20131107173307f8b.jpg

また、今回「未完成ベアーに耳と目をつけ、鼻と口の刺しゅうをして完成品を作る」というワークショップも開催されていて、こちらも大人気だったとか。
不思議なことに、完成したベアーを見てみると、みんな作った人の顔に似ているそう!
自然に自分らしさが出てしまうのですね♪

6_20131107173324c09.jpg

そして、こちらの作家さんもテディベアの雰囲気そのままのとっても優しくてやわらかな雰囲気で、お話を伺っているだけで、すっかり癒されてしまいました。

素敵な時間をありがとうございました!
次回はぜひベアー作りに挑戦してみたいと思っています♪

Posted on 18:38 [edit]

category: vol.7報告

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

天気予報

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード