つくばスローマーケット

つくば市で2008年より開催しているアート&クラフトマーケット。 スローでかっこいい(=独自の哲学やこだわりをもっている)クリエーターとその手作りの作品をご紹介するとともに、地域環境を考えた様々な取り組みを行っています。 実際に見ていただくことで、地球のこと、こどもたちのこと、将来のこと、ライフスタイルを見直すきっかけにつながればうれしいです。

革婚式♡  

1_20131208183158c34.jpg

埼玉県から参加してくれたのは、「オリジナルの型紙作りから、手裁ちによる裁断、ミシンや手縫いによる縫製、仕上げまで1人で行う革製品のお店 HAND MADE LEATHER CRAFT 革信」さん♪

2_2013120818315974c.jpg

革信さんのブースに並んでいたのは、手仕事ならではの細かな細工の施された革製品。
私が気になったのはこちらのトートバック!
革を裁断し、編み上げることによって、同じ革でも表情に変化が生まれ、独特の味わい美しい一品です。
実は商品ではなかったのですが、革信さんの私物だという、こちらのバックを大きくしたサイズのものがブースの裏に置かれていたのですが、それがとてもかっこ良かったのです!
使い込まれたヌメ革がいい感じの飴色に変化していて、美しい艶が生まれていました。
このようなヌメ革のバックは育てる楽しみがありますよね〜

3_2013120818320063a.jpg

こんな経年変化を楽しめるのも革製品ならでは。
こちらの商品もどんな風に変化していくのか楽しみな商品ですね!

4_201312081832029f8.jpg

革信さんのコンセプトは、「面白さ至上主義」
「自分が面白いと思ったら、なんでも革で作ってみるつもりです。 目標は、羊の革を被った狼のような商品を作り続ける事」だそう。
たくさんの工夫とアイディアに溢れたアイテムをこれだけ多彩に生み出すことができるのも、確かな技術があってこそですよね。
製作に取り組む真摯な姿勢を作品の至る所から感じることが出来ました!

6_20131208183213fc0.jpg

さらに今回は、ワークショプとして「レザーコインケース製作体験」も行われていました。
なんとこちらに、今年、革婚式を迎えるというご夫婦がいらっしゃって、記念の品としてワークショップでレザーコイン製作をしていったそう。
実は私は革婚式というのは知らなかったのですが、結婚3年目の記念日をそう呼ぶのだそう。
「革は丈夫で粘り強い性質をもっていることから、夫婦の絆をしっかり結んで、革のように粘り強く生活していこう」という願いが込められてるのだとか。
結婚3年目ともなると倦怠期に入るので、粘り強さが求められるというというのが理由だそうです。
納得!!(笑)

5_201312081832038fb.jpg

来年、革婚式を迎える皆様!
こんな手作りのプレゼント、素敵だと思いませんか?

Posted on 23:33 [edit]

category: vol.7報告

tb: --   cm: --

プロフィール

最新記事

カレンダー

カテゴリ

天気予報

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード